【DMG25周年記念セミナー】 ベストセラー「未来の年表」著者 河合雅司氏講演 2018年1月30日(火)開催

通販に関わらず、全ての業界のマーケティング関係者様必聴!!

〇ここ10年間で起こる、日本の人口減少問題〇

2016年 出生数は100万人を切った
2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に

これまでの商品開発、サービス、CRMは今後も通用するのか?

これからやってくる人口減少問題にいち早く対応させるためには何をすべきか?

ここから生まれる新しいサービスやCRMはとは何か?

 

  答えは、2018年1月30日(火)会場にあります!

 

「未来の年表」著者河合氏より、人口減少でおこる様々な問題を解説していただきます。DMG田村より、マーケティングの観点から「何をすべきか?」お答えします!

 

お申込み・詳細はこちらからご覧ください。

新春セミナー DMG25周年企画 「EC通販の未来を予測する」

たくさんのお申込み、ありがとうございます!

☆2018年新春セミナーのご案内☆
DMG25周年企画 『EC通販の未来を予測する』
2020年に通販(eコマースなども含む)は20兆円市場まで拡大されると言われています。自社EC通販事業を持続可能で更に成長させるためには、社会環境や情勢などを適格に読む必要もあります。

そこで今回は基調講演にベストセラー、「未来の年表(講談社現代新書)」の著書であり、産経新聞の論説委員でもある「河合雅司」氏にご登壇頂きます。

 

f:id:dmg-webchallenge:20171129154416j:plain f:id:dmg-webchallenge:20171129154431j:plain

詳しくは下記を参照ください。

新春セミナー DMG25周年企画 「EC通販の未来を予測する」

—————————————————————————————————
日時:2018年1月30日(火)13:30~17:00(開場13:00)(17:30交流懇親会)
会場:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトアキバプラザ6F セミナールーム1

http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/index.html

TEL:050-3000-2741
受講料:交流懇親会付き1日券:15,000円(税込)
セミナーのみ:10,000円(税込)
交流懇親会のみ:5,000円(税込) ※全て1名様・消費税込
主催:(株)ダイレクトマーケティンググループ
DMGコンサルティング(株)
お問合せ先:DMG東京/DMGコンサルティング(株) 藏内/江川

直通TEL:03‐6268‐8988 info@dmg-one.co.jp

〇セミナー内容〇
第1部:13:30~15:00
「未来の年表」人口減少日本でこれから起きること。
産経新聞社論説委員、大正大学客員教授 河合雅司(かわいまさし)
書店には少子高齢社会の問題点を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って人口減少社会の課題を論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。『未来の年表』が、その画期的な役目を果たそう。
「来年のことを言うと鬼が笑う」という諺があるが、人口の将来推計、そしてそれに基づく諸現象の予測は、どこぞの“未来予想”とは異なり、極端に外れることはない。

f:id:dmg-webchallenge:20171129154431j:plain

 第2部:15:15~17:00
「未来の年表から読めるCRMについて」
(株)ダイレクトマーケティンググループ 代表取締役田村哲二(たむらてつじ)
これからの超高齢(少子)化社会では、特に優良客(ロイヤルカスタマー)への対応が重要となる。CRMセンターを核にした「おもてなし」を専門家やコンシェルジュ達が親身に対応すること『お客様の声は、神の声である』こころして対応することが、EC通販の未来を築く。

交流懇親会 17:30~19:30  「HUB秋葉原店」にて

●セミナーの詳細、お申込みはこちらからご覧ください!

新春セミナー DMG25周年企画 「EC通販の未来を予測する」

——————————————————————————————————